きみくら

静岡県掛川市の特産品深蒸し茶とは

静岡県掛川市の特産品
深蒸し茶とは

日本でがん死亡率が、男女共に最も低い街
静岡県掛川市 なぜガン死亡率が低いのか。それは緑茶が関係しています。
掛川市は、静岡県第3位の緑茶の産地です。掛川市民はお茶を1日7〜8杯は飲むといいます。
また、学校の給食でもお茶が用意され、小学校の頃からお茶をたくさん飲む習慣が身に付いています。
緑茶にはカテキンやビタミンCが含まれています。細胞を傷つけガンのもとになるのが、活性酸素と言われています。 この活性酸素を消してくれるのが、カテキンやビタミンCなのです。

実は、お茶の生産量だけで比べると牧之原市や島田市の方が掛川市よりも多いのです。
それにもかかわらず、なぜ掛川市が突出してがん死亡率が低いのでしょうか?

それは掛川市の緑茶に特徴があります。掛川市民が飲んでいるのは、緑茶の中でも特殊な製法で作られた深蒸し茶と呼ばれるお茶なのです。
深蒸し茶はお茶の葉を通常より約2倍長く蒸す製法です。これにより他の緑茶にはあまり含まれていない成分であるβカロテン、ビタミンE、クロロフィルが含まれています。

深蒸し茶とは?
深蒸し茶とは?
深蒸し茶とは?
深蒸し茶とは?
深蒸し茶とは?
深蒸し茶とは?

日本茶販売・茶寮  日本茶きみくら本店
〒436-0016 静岡県掛川市板沢静岡県掛川市板沢510-5 TEL 0537-24-6008(電話受付時間10:00〜19:00)
営業時間 1階売店10:00〜18:00 2階茶寮 10:30〜18:00(オーダーストップ 17:30) 定休日 火曜日